社長メッセージ

近年、コンピュータは、私たちの生活にとってますます重要なものになってきています。そして、コンピュータが人間の仕事を手伝うためになくてはならないものがソフトウェアです。

ソフトウェアへのニーズは、昨今ではますます速く変化するようになっています。このため、ソフトウェアの制作には、基本的な技術力に加えて、「本当に必要とされているもの」を分析する力、お客様への提案力、そして、変化に対応しやすいようにソフトウェアを作るノウハウが非常に重要です。そして、これらを実現するためには、日々自律的に工夫を重ねていけるチーム開発力が欠かせません。

弊社は、2007年の創業以来、主として Ruby や Ruby on Rails を使った受託開発に携わっており、豊富な開発実績がございます。こうした経験を活かして、Ruby や Ruby on Rails において筋の良い開発手法の追求、起こりがちな問題への事前の配慮、生産性を高めるためのチーム開発の工夫などに日々取り組んでおります。

私たちは、常に、お客様に私たちの考えをできるだけ率直にわかりやすい言葉でお伝えするように努めます。それによって、お客様と開発者の間の距離をできるだけ短くし、一緒のチームとして走ることができると考えているからです。

私たちは、お客様が本当に必要とするソフトウェアを作り、それを使い続けられるようにすることを最も大事なことだと考えております。また、それを担う開発者が、十分に能力を発揮できるようにすることによって、長期的に、お客様に提供できる価値を最大化したいと考えております。


Profile

代表取締役社長
大場 寧子
2016年 1月